良い品種はどれ?おすすめのベスト紅茶

良い品種はどれ?おすすめのベスト紅茶

◇紅茶ランキング1位はダージリン

良い品種の紅茶といえばダージリンです。ダージリンは世界で最も有名な紅茶茶葉です。
ダージリンはインドのベンガル州北部ダージリン地方で生産されています。
紅茶のシャンパンと呼ばれる三大紅茶のひとつで、世界市場の約2%がダージリンです。
ダージリンはストレートティーとして飲まれることが多く、マスカットのような香りが強い茶葉ほど高級なダージリンだと考えられています。
3月から4月に収穫されるファーストフラッシュは、収穫量が少ないこともあり高値で取引されます。

5月から6月に収穫されるセカンドフラッシュはマスカットフレーバーが強い高品質な茶葉なので、主に高級ブランドで使用されます。

コクと香りが素晴らしく、日本でもファンが多いです。
10月から11月に収穫される茶葉は手頃な価格で入手できます。色が濃くなって味に深みが出るので、ミルクティーに適しています。

ファーストフラッシュはストレートで飲むことが多いですが、セカンドフラッシュはストレートでもミルクティーでも美味しく飲めます。

◇紅茶ランキング第2位はアッサム

アッサムも人気が高い良い品種の紅茶で、北東インドにあるアッサム平原が産地です。

アッサムは世界最大の紅茶産地として有名で、甘みとコクがあります。
芳香な香りも人気が高いです。

茶葉の色は黒褐色で、水色は赤褐色に近い色になります。
6月から7月に収穫されるセカンドフラッシュはコクがある最良品です。

深い味わいが楽しめるのでミルクティーに向いていますが、ストレートでも美味しく飲めます。

牛乳で煮出してスパイスを入れて飲む人もいます。

◇紅茶ランキング第3位は香り高いウバ

ウバは世界三大紅茶のひとつで、紅茶の中でも味と香りが優れている良い品種です。
スリランカの南東部にあるウバの高地は、日中と夜間の温度差が激しいことで知られます。

温度差によって霧が発生しやすく、ウバ独特のコクと香りをつくり出します。
ウバは真紅色の明るい水色が特徴で、最も美味しいシーズンは7月から9月です。
美しい色を楽しむためにストレートティーが好まれますが、ミルクにもよく合います。

カップの内側にできる黄金の輪のことをゴールデンリングと呼びますが、品種の良い紅茶を上手にいれるとゴールデンリングができやすいです。

ウバは紅茶には珍しくメントール系の香りがします。

油分を分解するタンニンが豊富なので、チョコレートとの相性が抜群です。

◇紅茶ランキング第4位はキーマン

キーマンは花のような甘い香りが特徴の紅茶です。

中国で清の時代から作られている紅茶で、世界中で高い人気を誇ります。発酵度が高く、特にイギリスにはキーマンのファンが多いです。

品種が良い茶葉で非常に繊細です。甘く芳香な味わいは世界中で愛されています。
昔は上流階級の人だけが飲めるような嗜好品でしたが、今では一般の庶民も美味しく飲むことができます。

茶葉の甘い花のような香りの秘密は茶園にあります。茶園は山岳地帯にあり、降雨量が多く低温多湿の気候により茶葉のテアニンが豊富
です。

通常は茶葉が太陽の光を吸収することでテアニンはポリフェノールに合成されますが、キーマンは霧が深く日光がさえぎられるのでテアニンが茶葉に豊富に含まれます。豊富なテアニンのおかげで花のような芳香をもつ紅茶が誕生します。

キーマンはグレートが8種類もあります。トップクラスの茶葉は非常に高価で、国賓や政府高官へのプレゼントとして利用されることが多いです。

最高級品だと驚くような値が付くキーマンは、ストレートティーで飲む人が多いです。ストレートがキーマンの美味しさを最も堪能できる飲み方ですが、甘い香りが特徴なのでコクのあるミルクティーにも合います。

◇紅茶ランキング第5位はニルギリ

ニルギリは紅茶のブルーマウンテンと呼ばれています。インド南部で生産されているニルギリは、繊細で優雅な香りが特徴です。

通年で栽培ができるので生産量が多く世界中で親しまれています。

12月から1月にかけて収穫される茶葉が最上級になります。

セイロンと気候条件が近いので、味もセイロンに似ています。

ニルギリは味に癖がないのが特徴で、ブレンドティーにもよく使われています。

お茶の渋みが苦手な人にも好まれる紅茶で値段も手頃です。

ミルクやレモン、ハーブとの相性もよいため、様々な飲み方ができます。

ストレートでもミルクティーでも美味しく飲めますが、新鮮なフルーツの香りを活かしたフルーツティーも美味しいです。

どちらがお好き?紅茶とコーヒーの長所と短所を比較!

どちらがお好き?紅茶とコーヒーの長所と短所を比較!

・紅茶の長所は沢山あります。

まず肌をきれいにする効果があるという点です。紅茶には肌荒れやシミを防ぐ作用があるので、日焼けした肌に直接塗りこめば、いやす事が出来ます。紅茶に含有されているハイドロキノンという成分は、皮膚病の治療にも使われている成分なので効果的です。

また紅茶にはカフェインも含まれているので、飲む事で脳を活性化させる効果もあります。特に勉強や仕事を行う20~30分前に飲むと頭がすっきりします。
他にも飲む事で、心を落ち着かせてリラックスさせる効果があるというのも長所の一つです。紅茶の独特の香りが、人間の精神状態を安定させて、精神的にも穏やかになります。さらにテアニンという成分にはストレス解消効果もあるので、とにかく心を落ち着かせたい人は、一杯飲むと落ち着く事が出来ます。

あと紅茶にはウイルスの増殖効果を抑える殺菌効果もあります。その為インフルエンザの対処法にもなりますし、紅茶でうがいをすれば風邪予防にも有効です。
まだまだ紅茶には長所はあります。紅茶にはビタミンやミネラルも含まれているので、飲む事で栄養補給にもなりますし、ポリフェノールも含まれているので、体の酸化や肥満防止にも良いです。それから利尿作用もあるので、体内の無用な毒素を尿と一緒に排出してくれます。

・紅茶の短所もいくつかあります。

紅茶の短所は、まず長所でもありますが目が覚めてしまうという点です。授業や仕事前に飲めば、頭もすっきりして良いですが、眠る前に飲んでしまうとカフェイン効果で眠れなくなる恐れがあります。その為、特にカフェインに弱い人は、夜には飲まない方が良いです。

また飲むと利尿作用によりトイレが近くなるというのもデメリットです。体の毒素を排出してくれるという面では良いのですが、沢山飲んでしまうと、授業中や仕事中にトイレに行きたくなってしまうので、飲みすぎには注意しましょう。

他にも、紅茶にはタンニンという成分が含まれており、これが歯に沈着すると、歯が変色して茶色になってしまうというのも短所の一つです。しかし1日数杯程度であれば問題ありませんし、飲んだ後にこまめに歯磨きをしていればそれ程心配する事もありません。

・コーヒーの長所は沢山あります。

コーヒーのメリットは、まずダイエット効果があるという点です。その理由は成分にカフェインやクロロゲン酸が含まれているからです。カフェインは脂肪の分解を促進する酵素を活性化する作用がありますし、自律神経に働きかけてエネルギー消費を高める効果もあります。

その為運動する20~30分前に飲めば、血中の脂肪酸濃度が上昇して、脂肪が燃焼しやすくなりますので、ダイエットしている人にはおすすめです。

クロロゲン酸も同じく脂肪を燃焼させてエネルギーに変換させる酵素を活性化させる働きがあるので、特にダイエットしている人は砂糖やミルクが入っていないブラックを飲みましょう。

また二日酔いに効くというのも長所の一つです。コーヒーを飲む事で二日酔いの原因であるアセトアルデヒドという物質を尿と一緒に体外に排出させる事が出来ます。
他にも、肝臓にも良い効果があります。アルコールを沢山飲むと肝臓に負担がかかり肝硬変等の病気になる可能性が高くなりますが、コーヒーを飲んでいれば、肝細胞を守ってくれ脂肪肝や肝硬変から身を守ってくれます。だからといって、必要以上にお酒を飲むのはやめましょう。

あと、香りを嗅ぐ事でリラックス効果も期待出来ますし、抗酸化物質も沢山含まれているので、飲む事で老化や生活習慣病の防止にも効果的です。

それからコーヒーに含まれているカフェインには筋肉を活性化させ疲れを感じさせにくくする効果もあります。まだまだ長所は沢山あります。飲む事でうつ病予防にも効果があり、1日に4杯飲んでいる人は全く飲まない人と比べるとうつ病の発生率が1割程低いというデータもあるので、うつ病になるのが心配な人は積極的に摂取すると良いです。

そして、紅茶と同じく脳を覚醒させる働きがあるので、勉強や仕事をはかどらせる為に少し前に飲むのがおすすめですし、消化や血行を促進する作用もありますし、肌のむくみを解消する作用もあるので、消化不良を起こしやすい人や、血行が良くない人、肌のむくみが気になる人は定期的に飲むのがおすすめです。

・コーヒーの短所もいくつかあります。

コーヒーの短所は何かというと、まず飲む事でタンニンという成分が鉄分とくっついて、体内に鉄分が吸収されにくくなる為、貧血を起こしやすいという点です。
また、沢山飲みすぎると口臭がきつくなるというのも短所に挙げられます。本来コーヒーには口臭を予防する効果があるのですが、時間が経つと舌に含有する成分がくっついてしまい、その結果唾液の分泌が抑制され、口臭につながってしまいます。口臭を予防するにはこまめに水を飲み、口をゆすぐと効果的です。

他にも、空腹時に飲むと、必要以上に胃液を分泌してしまい、胃炎や胃潰瘍を引き起こす恐れがあります。その為なるべく空腹時や食後に、何杯も飲みすぎない事が大切です。

あと、カルシウムの吸収を妨げる効果や、尿と一緒にカルシウムを体外に排出する作用もあるので、カルシウム不足を補うにはミルクを入れて飲むようにしましょう。
それから、紅茶と同じように利尿作用があったり、夜に飲むと眠れなくなったり、歯が黄ばんだりする事もあるのでそれぞれ注意が必要です。

・紅茶とコーヒーはいつ飲むのがおすすめか。

紅茶はカフェインの量が少ないので、それ程飲んでも影響を受ける事はありませんが、やはり夜に沢山飲むのは避けましょう。

その為朝やお昼、午後あたりに飲むと良いです。特に午後3時過ぎにおやつと一緒に飲むと体もリラックス出来ます。

コーヒーはカフェインの覚醒作用が紅茶に比べて大きいので、特に朝飲むと頭がはっきりして勉強や仕事がはかどりますので眠気覚ましも兼ねて朝に飲むと良いです。
もちろんお昼に飲んでも問題ありませんが、午後3時以降、夕方から夜にかけて飲んでしまうと眠れなくなる恐れが高いので、なるべく午後3時以降は飲まない方が良いです。