女性のからだにやさしい、とうもろこし茶(コーン茶)とは

とうもろこし茶は、ノンカフェインで日常的に飲むことができるお茶の一種です。別名コーン茶とも呼ばれます。小さいお子様でも安心して飲めるほか、女性のからだの悩みに効果があるといわれています。では、とうもろこし茶とはどんなお茶なのか、具体的に見ていきましょう。

・とうもろこし茶の種類

・とうもろこし茶(実)の特徴

・とうもろこし茶(実)の効果・効能

・ひげ茶の特徴

・ひげ茶の効果・効能

・とうもろこし茶、ひげ茶のおいしい淹れ方

≪とうもろこし茶の種類≫

とうもろこし茶と呼ばれるお茶には2種類あります。とうもろこしの実の部分を炒ってつくられるお茶と、ひげの部分を乾燥させて炒った、別名ひげ茶と呼ばれるお茶です。区別するため、ここでは実でつくられたお茶をとうもろこし茶、ひげを使ったお茶をひげ茶と呼ぶことにします。商品としては、この2種類を合わせたものが大半です。ブレンドされたお茶の呼び方は「とうもろこし茶」「コーン茶」「ひげ茶」など、メーカーによってそれぞれ違うようなので購入する際には目的に合わせ、確認してから買うのがオススメです。

≪とうもろこし茶(実)の特徴≫

実を使用したとうもろこし茶は、ほんのりとした甘みや炒った実の香ばしさを感じられるのが特徴です。特にクセがなく飲みやすいため、お子様が毎日飲む場合は、実を使ったとうもろこし茶のほうが利用しやすいかもしれません。

韓国ではなじみの深いお茶で、韓国料理の店では日本でもとうもろこし茶が出されることがあります。

温めても冷蔵庫で冷やしてもおいしく飲めるので、水の代わりに手軽にとることができます。

≪とうもろこし茶(実)の効果・効能≫

とうもろこし茶は特に鉄分を多く含んでいるので、日ごろから飲むことで女性の悩みのひとつである貧血を予防する効果が期待できます。

また、とうもろこし茶に含まれるビタミンEのはたらきにより、血管を広げて血流をよくするため、冷え性予防にも効果があります。女性に多いとされる2大の悩みを解消してくれるとうもろこし茶は、まさに女性にやさしいお茶といえます。このビタミンEはビタミンB1などと美肌へのアプローチもしてくれるため、こまめに取り入れたいですね。

≪ひげ茶の特徴≫

ひげ茶は実のとうもろこし茶よりもあっさりとした風味が特徴です。ただ、実のとうもろこし茶のような甘みなどは感じず、独特のクセのある香りがします。お茶好きな人なら大丈夫かもしれませんが、香りに敏感な人は苦手な場合があります。ブレンドされている場合は実の甘みや香ばしさを感じることができるので飲みやすいでしょう。

≪ひげ茶の効果・効能≫

乾燥させたひげを炒ってつくられるひげ茶は、水溶性の食物繊維が豊富です。そのため毎日のお茶として取り入れることで、便秘解消の手助けをしてくれます。あまり薬には頼りたくないけれど便秘はつらい、という場合は、ひげ茶を試してみてはいかがでしょうか。水溶性食物繊維の効果がおだやかに効いてきます。

ひげ茶にはむくみを解消する効果も期待することができます。これはひげ茶に多く含まれるカリウムによるもので、過剰に摂ってしまったナトリウム、つまり塩分を排出しやすくしてくれます。

また、高血圧にも効果が期待できます。カリウムによるナトリウムの排出によってむくみが改善されると、からだの機能が正常な状態へと戻っていきます。これによって心臓にかかっていた負荷も解消され、血圧を正常な値へと導きます。

≪とうもろこし茶、ひげ茶のおいしい淹れ方≫

市販品にはブレンドされているものが多いので、ブレンドの場合の淹れ方をご紹介します。

ティーパック1袋、パックでない場合は15gほどをお茶パックに包んでから、やかんに投入します。

10分ほど煮出したら完成です。

冷やして飲む場合は、しっかり煮出してから冷蔵庫で冷やしましょう。

またはティーポットに直接ティーパックを入れ、お湯を注ぐだけでも淹れられます。

クセが苦手な場合は煮出しや置いておく時間を短めにするといいでしょう。

血液の循環をよくして高血圧を緩和したり、冷え性への効果をより高めるためには、なるべくホットで飲むことをオススメします。

ノンカフェインなので、お休み前などにホットで淹れて、ゆっくり時間をかけて飲むようにすれば体の芯まであたたまり、安眠にもつながります。安眠は美肌に必須ですから、とうもろこし茶の美肌効果をさらに生かすことができるでしょう。

上手に日常に取り入れて、女性の悩みを解消したいですね。