女性のからだにやさしい、とうもろこし茶(コーン茶)とは

とうもろこし茶は、ノンカフェインで日常的に飲むことができるお茶の一種です。別名コーン茶とも呼ばれます。小さいお子様でも安心して飲めるほか、女性のからだの悩みに効果があるといわれています。では、とうもろこし茶とはどんなお茶なのか、具体的に見ていきましょう。

・とうもろこし茶の種類

・とうもろこし茶(実)の特徴

・とうもろこし茶(実)の効果・効能

・ひげ茶の特徴

・ひげ茶の効果・効能

・とうもろこし茶、ひげ茶のおいしい淹れ方

≪とうもろこし茶の種類≫

とうもろこし茶と呼ばれるお茶には2種類あります。とうもろこしの実の部分を炒ってつくられるお茶と、ひげの部分を乾燥させて炒った、別名ひげ茶と呼ばれるお茶です。区別するため、ここでは実でつくられたお茶をとうもろこし茶、ひげを使ったお茶をひげ茶と呼ぶことにします。商品としては、この2種類を合わせたものが大半です。ブレンドされたお茶の呼び方は「とうもろこし茶」「コーン茶」「ひげ茶」など、メーカーによってそれぞれ違うようなので購入する際には目的に合わせ、確認してから買うのがオススメです。

≪とうもろこし茶(実)の特徴≫

実を使用したとうもろこし茶は、ほんのりとした甘みや炒った実の香ばしさを感じられるのが特徴です。特にクセがなく飲みやすいため、お子様が毎日飲む場合は、実を使ったとうもろこし茶のほうが利用しやすいかもしれません。

韓国ではなじみの深いお茶で、韓国料理の店では日本でもとうもろこし茶が出されることがあります。

温めても冷蔵庫で冷やしてもおいしく飲めるので、水の代わりに手軽にとることができます。

≪とうもろこし茶(実)の効果・効能≫

とうもろこし茶は特に鉄分を多く含んでいるので、日ごろから飲むことで女性の悩みのひとつである貧血を予防する効果が期待できます。

また、とうもろこし茶に含まれるビタミンEのはたらきにより、血管を広げて血流をよくするため、冷え性予防にも効果があります。女性に多いとされる2大の悩みを解消してくれるとうもろこし茶は、まさに女性にやさしいお茶といえます。このビタミンEはビタミンB1などと美肌へのアプローチもしてくれるため、こまめに取り入れたいですね。

≪ひげ茶の特徴≫

ひげ茶は実のとうもろこし茶よりもあっさりとした風味が特徴です。ただ、実のとうもろこし茶のような甘みなどは感じず、独特のクセのある香りがします。お茶好きな人なら大丈夫かもしれませんが、香りに敏感な人は苦手な場合があります。ブレンドされている場合は実の甘みや香ばしさを感じることができるので飲みやすいでしょう。

≪ひげ茶の効果・効能≫

乾燥させたひげを炒ってつくられるひげ茶は、水溶性の食物繊維が豊富です。そのため毎日のお茶として取り入れることで、便秘解消の手助けをしてくれます。あまり薬には頼りたくないけれど便秘はつらい、という場合は、ひげ茶を試してみてはいかがでしょうか。水溶性食物繊維の効果がおだやかに効いてきます。

ひげ茶にはむくみを解消する効果も期待することができます。これはひげ茶に多く含まれるカリウムによるもので、過剰に摂ってしまったナトリウム、つまり塩分を排出しやすくしてくれます。

また、高血圧にも効果が期待できます。カリウムによるナトリウムの排出によってむくみが改善されると、からだの機能が正常な状態へと戻っていきます。これによって心臓にかかっていた負荷も解消され、血圧を正常な値へと導きます。

≪とうもろこし茶、ひげ茶のおいしい淹れ方≫

市販品にはブレンドされているものが多いので、ブレンドの場合の淹れ方をご紹介します。

ティーパック1袋、パックでない場合は15gほどをお茶パックに包んでから、やかんに投入します。

10分ほど煮出したら完成です。

冷やして飲む場合は、しっかり煮出してから冷蔵庫で冷やしましょう。

またはティーポットに直接ティーパックを入れ、お湯を注ぐだけでも淹れられます。

クセが苦手な場合は煮出しや置いておく時間を短めにするといいでしょう。

血液の循環をよくして高血圧を緩和したり、冷え性への効果をより高めるためには、なるべくホットで飲むことをオススメします。

ノンカフェインなので、お休み前などにホットで淹れて、ゆっくり時間をかけて飲むようにすれば体の芯まであたたまり、安眠にもつながります。安眠は美肌に必須ですから、とうもろこし茶の美肌効果をさらに生かすことができるでしょう。

上手に日常に取り入れて、女性の悩みを解消したいですね。

健康にいいと話題!ノンカフェインの杜仲茶とは

ダイエットや健康に敏感な人なら一度は耳にしたことがあると思います。お茶のブームとともに杜仲茶にも注目が集まりましたね。お茶の効能はさまざまで、目的に合わせて毎日飲みたいものですが、気になるのがカフェイン。カフェインが入っているなら毎日の飲み物にするのは抵抗がある、という人もいるのではないでしょうか。杜仲茶のうれしいところはしっかりとした飲みごたえがあるのにカフェインレスであることです。お子様から大人までみんなで飲める、カフェインレスで効能もたくさん期待できる杜仲茶について取り上げてみます。

 

杜仲の歴史

杜仲(とちゅうちゃ)の木の皮は、中国で古くから生薬として愛用されています。日本でも健康にいいものとして昔から親しまれていたようです。

杜仲の木は6千年前頃からあったのではと言われています。まだ恐竜がいた頃というと、イメージがわきやすいでしょうか。当時種類は複数あったと言われていますが、氷河期の影響でたった一種類しか残らなかったのだそうです。この一種類が現在まで生き延びているのです。そのため現在私たちがお茶として親しんでいる杜仲の木は、杜仲科トチュウ属トチュウという一種類しか存在しないとても珍しいものだといわれています。この歴史を知ったうえで杜仲茶を飲むと、その生命力を分けてもらえそうな気持ちになれますね。

当時は樹皮の乾燥させたものを煎じて飲んでいたため、木が枯れない程度にしか取れずとても貴重でした。私たちが主に飲んでいるのは葉の部分を使用したお茶になります。

 

杜仲の成分

では、そんな生命力あふれる杜仲からつくられた杜仲茶はどんな成分が含まれているのでしょうか。主な成分を見てみましょう。

《ミネラル成分》

鉄、亜鉛、リン、カリウム、マグネシウム、カルシウム

《ビタミン成分》

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC

《その他成分》

グッタペルカ(余分な脂肪を吸着し排出を促す)

ゲニポシド(副交感神経を刺激し血管を広げる、コレステロール値を下げる)

アスペルロシド(胆汁酸を増加させて脂肪の燃焼につなげる)

ミネラル分がたっぷり含まれているほか、杜仲の特徴としてグッタペルカやゲニポシド、アスペルロシドなどがダイエットや生活習慣病予防にうれしい成分として挙げられます。

 

生活習慣病予防に

杜仲茶は肝臓や腎臓などの働きを活発にするため利尿作用が高く、老廃物などを排出を促してくれます。これにより体内のデトックス効果が期待できます。

また、血糖値の上昇をおだやかにしてくれるため、生活習慣病の代表である肥満や糖尿病へのリスクを下げることができます。

さらにゲニポシド酸は高血圧予防が期待できます。ゲニポシド酸は副交感神経という自律神経を刺激し血管を広げます。それによって血圧が下がり、高血圧を防げるというしくみです。

この副交感神経の刺激には自律神経を整え、リラックスさせる効果もあります。そのため日常的なストレスを緩和し、気持ちの面でも負荷をかけすぎない環境をつくることができます。また、リラックス効果によって不眠などが解消され、疲れのしっかりとれるからだづくりが期待できます。

 

杜仲茶の飲み方

杜仲茶は煮出して飲みます。杜仲茶には独特の甘みと苦みがありますが、煮出す時間が長くなるほど苦みが増します。この煮出す時間が長いほど有効成分は抽出できるとされていますが、5~15分程度を目安に煮出し方を調整してみて、自分の好みを見つけてみてください。無理して飲むよりも、毎日続けられることがポイントです。

一日1リットル(コップ5杯)程度を目安に飲みましょう。ただし、おなかがゆるくなる場合がありますので、体調をみながら自分にあった量を調整することが大切です。基本的に杜仲茶に摂取量の制限はないとされていますが、なにごともやりすぎはおすすめできませんのでくれぐれもご注意ください。

アイスで飲む場合は煮出して有効成分をしっかり抽出してから冷まします。代謝をより高めたいというときは、ホットで飲むとよいでしょう。体があたたまり、効果のアップが期待できます。ふだんは体に負担の少ない常温から少しあたたかい程度で飲むのが継続に向いているとされています。

 

いつもの飲料水を一度杜仲茶に変えてみてはいかがでしょうか。毎日続けることで、ダイエットや生活習慣病の予防につながります。うれしい成分や効果がたくさんある杜仲茶。習慣にして健康なからだと元気な毎日をお過ごしください。