女性のからだにやさしい、とうもろこし茶(コーン茶)とは

とうもろこし茶は、ノンカフェインで日常的に飲むことができるお茶の一種です。別名コーン茶とも呼ばれます。小さいお子様でも安心して飲めるほか、女性のからだの悩みに効果があるといわれています。では、とうもろこし茶とはどんなお茶なのか、具体的に見ていきましょう。

・とうもろこし茶の種類

・とうもろこし茶(実)の特徴

・とうもろこし茶(実)の効果・効能

・ひげ茶の特徴

・ひげ茶の効果・効能

・とうもろこし茶、ひげ茶のおいしい淹れ方

≪とうもろこし茶の種類≫

とうもろこし茶と呼ばれるお茶には2種類あります。とうもろこしの実の部分を炒ってつくられるお茶と、ひげの部分を乾燥させて炒った、別名ひげ茶と呼ばれるお茶です。区別するため、ここでは実でつくられたお茶をとうもろこし茶、ひげを使ったお茶をひげ茶と呼ぶことにします。商品としては、この2種類を合わせたものが大半です。ブレンドされたお茶の呼び方は「とうもろこし茶」「コーン茶」「ひげ茶」など、メーカーによってそれぞれ違うようなので購入する際には目的に合わせ、確認してから買うのがオススメです。

≪とうもろこし茶(実)の特徴≫

実を使用したとうもろこし茶は、ほんのりとした甘みや炒った実の香ばしさを感じられるのが特徴です。特にクセがなく飲みやすいため、お子様が毎日飲む場合は、実を使ったとうもろこし茶のほうが利用しやすいかもしれません。

韓国ではなじみの深いお茶で、韓国料理の店では日本でもとうもろこし茶が出されることがあります。

温めても冷蔵庫で冷やしてもおいしく飲めるので、水の代わりに手軽にとることができます。

≪とうもろこし茶(実)の効果・効能≫

とうもろこし茶は特に鉄分を多く含んでいるので、日ごろから飲むことで女性の悩みのひとつである貧血を予防する効果が期待できます。

また、とうもろこし茶に含まれるビタミンEのはたらきにより、血管を広げて血流をよくするため、冷え性予防にも効果があります。女性に多いとされる2大の悩みを解消してくれるとうもろこし茶は、まさに女性にやさしいお茶といえます。このビタミンEはビタミンB1などと美肌へのアプローチもしてくれるため、こまめに取り入れたいですね。

≪ひげ茶の特徴≫

ひげ茶は実のとうもろこし茶よりもあっさりとした風味が特徴です。ただ、実のとうもろこし茶のような甘みなどは感じず、独特のクセのある香りがします。お茶好きな人なら大丈夫かもしれませんが、香りに敏感な人は苦手な場合があります。ブレンドされている場合は実の甘みや香ばしさを感じることができるので飲みやすいでしょう。

≪ひげ茶の効果・効能≫

乾燥させたひげを炒ってつくられるひげ茶は、水溶性の食物繊維が豊富です。そのため毎日のお茶として取り入れることで、便秘解消の手助けをしてくれます。あまり薬には頼りたくないけれど便秘はつらい、という場合は、ひげ茶を試してみてはいかがでしょうか。水溶性食物繊維の効果がおだやかに効いてきます。

ひげ茶にはむくみを解消する効果も期待することができます。これはひげ茶に多く含まれるカリウムによるもので、過剰に摂ってしまったナトリウム、つまり塩分を排出しやすくしてくれます。

また、高血圧にも効果が期待できます。カリウムによるナトリウムの排出によってむくみが改善されると、からだの機能が正常な状態へと戻っていきます。これによって心臓にかかっていた負荷も解消され、血圧を正常な値へと導きます。

≪とうもろこし茶、ひげ茶のおいしい淹れ方≫

市販品にはブレンドされているものが多いので、ブレンドの場合の淹れ方をご紹介します。

ティーパック1袋、パックでない場合は15gほどをお茶パックに包んでから、やかんに投入します。

10分ほど煮出したら完成です。

冷やして飲む場合は、しっかり煮出してから冷蔵庫で冷やしましょう。

またはティーポットに直接ティーパックを入れ、お湯を注ぐだけでも淹れられます。

クセが苦手な場合は煮出しや置いておく時間を短めにするといいでしょう。

血液の循環をよくして高血圧を緩和したり、冷え性への効果をより高めるためには、なるべくホットで飲むことをオススメします。

ノンカフェインなので、お休み前などにホットで淹れて、ゆっくり時間をかけて飲むようにすれば体の芯まであたたまり、安眠にもつながります。安眠は美肌に必須ですから、とうもろこし茶の美肌効果をさらに生かすことができるでしょう。

上手に日常に取り入れて、女性の悩みを解消したいですね。

万能ルイボスティー

~効能や効果~前編

美容への関心が高い人を中心に注目を浴びているルイボスティー、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ひとくちにルイボスティーといっても、飲みやすいように味がアレンジされていたりして、種類が豊富です。お茶の効果を最大に引き出すには、基本的に継続して飲むことがすすめられています。味に飽きにくいように、数種類のルイボスティーを交互に飲んでみるのも続けやすいポイントでしょう。美容というと女性だけのように思われるかもしれませんが、その効能は多岐にわたり、男性にも女性にもうれしい効果が期待できるといわれています。では、ルイボスティーとはどういうお茶なのか、どんな効能や効果があるのかを2回に分けてみていきましょう。

 

ルイボスティーの歴史

ルイボスティーは南アフリカ共和国で採られているお茶の種類です。ルイボスとはオランダ語で赤い潅木(かんぼく)という意味を持ち、潅木は生長しても背の低い木のことをさします。さかのぼること数百年前、コイサン族という民族が初めて飲んだとされ、当時はその優れた効能について広く知られてはいなかったのだそうです。はじめはその豊かな風味が好まれて、徐々に世界中で親しまれるようになったといわれています。

 

ルイボスティーの飲み方

水出しなども可能といわれていますが、ルイボスティーの成分を最大に引き出すためには、煮出すことが重要なポイントとなります。せっかく飲むなら成分をしっかり取り込みたいですよね。ルイボスティーを飲むときは、しっかりと煮出して成分を抽出しましょう。夏場に冷たいお茶が飲みたい場合は、一旦煮出したものを冷やすようにしましょう。またルイボスティーは煮出す時間が長くなっても苦みなどが出ないため、あまり神経質にならずに入れられるのが助かりますね。

 

ルイボスティーの効能≪利尿作用≫

ルイボスティーにはカリウムが含まれています。カリウムには体の中の余分な塩分であるナトリウムを体から排出するはたらきがあり、これが利尿作用へとつながります。余分なナトリウムを排出することで水分のバランスを整え、からだを正常な状態へと導いてくれます。

 

ルイボスティーの効果≪デトックス≫

先ほどのカリウムがもつ利尿作用によって、老廃物が排出されます。さらに、ルイボスティーに多く含まれているSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素が毒素や老廃物を排出することで新陳代謝を促し、痩せやすくなるだけでなく、太りにくい体質に変えていくことができるといわれています。

【飲むタイミング】食事をはじめる30分前くらいにコップ1杯のルイボスティーを飲みましょう

 

SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素とは…ルイボスティーの中に多く含まれる抗酸化物質です。体内の活性酸素が必要以上に増えると、生活習慣病やしみ、しわなどの肌の老化、アレルギーなどさまざまな体内トラブルの原因になるといわれています。SOD様酵素は活性酸素を抑えて新陳代謝を促してくれるはたらきがあります。

 

ルイボスティーの効果≪糖尿・生活習慣病予防≫

血糖値は食後に急上昇することで生活習慣病や糖尿病などのリスクを高めるといわれています。ルイボスの茶葉にはインスリンのようなはたらきをするピニトールという成分が含まれています。これが食後の血糖値の上昇をゆるやかにし、さらに継続することで血糖値の安定が期待できるといわれています。これは糖尿病や高血圧に悩む人だけでなく、生活習慣病予防のためにもうれしい効果といえます。

さらにルイボスティーの持つ利尿作用によって肝機能を改善する効果も期待できます。これにより、老廃物の排出が促され尿酸値を下げることで痛風の緩和にも役立つとされています。

【飲むタイミング】食事をはじめる30分前くらいにコップ1杯のルイボスティーを飲みましょう

 

ルイボスティーの効果≪便秘、下痢≫

ルイボスティーにはマグネシウムが含まれています。マグネシウムには水分を集めて便をやわらかくする効果があり、便秘に効果があります。また、SOD様酵素のはたらきによって腸内環境を整えて善玉菌を活発にするため、腸の状態が正常になるとされています。

【飲むタイミング】朝起きてすぐにコップ1杯のルイボスティーを飲みましょう

 

 

前半ではルイボスティーの代表的な効果についてご紹介しました。すでに十分飲みたい理由がそろっているのですが、さらに後半では男女共通の悩みや家族にもうれしい効果についてご紹介していきたいと思います。