様々なお茶

他の材料と混合した茶

  • 花茶
    • ジャスミン茶≪茉莉花茶、さんぴん茶≫
    • 菊洱: プーアル茶に菊茶を加える。
  • バター茶 :茶以外にバター、塩を含む。
  • ミルクティー: 紅茶に牛乳、砂糖などを加える。
    • チャーイェン :タイではポピュラーな茶の飲み方であり、茶に加糖練乳≪コンデンスミルク≫を加える。
  • レモンティー: 紅茶にレモン、砂糖などを加える。
  • 鴛鴦茶 : 茶とコーヒーを混合する。
  • マサーラー・チャイ :カルダモン、クローブなどの香辛料、牛乳を含む。
  • 玄米茶
  • ぶくぶく茶 :炒米を煎じてさんぴん茶に加え、泡立てた後にピーナッツ粉末を振りかけて供することが代表的。日本の沖縄県。
  • 擂茶 :客家の伝統茶で、落花生、ゴマ、玄米などを入れる。
  • 八宝茶≪三泡台≫ :回族の伝統茶で、砂糖やナツメなどを入れる。
  • 三道茶 :ペー族の伝統茶で、砂糖やルーシャンなどを入れるものもある。
お茶イベント
  • 松山市 賃貸松山市でのお部屋探し、中古マンション売買のことならお部屋さがし物語へ!

茶葉を用いた料理、菓子など

  • 食茶 :茶がらをそのまま食べること、また、その食材としての利用。
  • 茶漬け、ひつまぶし :ご飯に魚、塩辛、梅干、海苔、三つ葉などを乗せ、煎茶をかけて食べる。
  • 茶粥 :日本の奈良県と和歌山県では、茶葉を入れて粥を作る伝統がある≪主にほうじ茶を使用≫。
  • 茶そば :抹茶を練りこんだ蕎麦切り。
  • 龍井蝦仁 :中国浙江省杭州市の名物料理で、川エビの殻を剥いて、龍井茶の若葉と炒めたもの。
  • 樟茶鴨 :四川料理の一つで、下味をつけたアヒルをクスの葉とジャスミン茶でいぶして香り付けした後、蒸し、さらに表面を油で揚げる料理。
  • 茶卵≪茶鶏蛋≫ :中国で一般的な、茶や醤油などで味付けしたゆで卵。
  • ラペソー :ミャンマー料理の一種。後発酵させた茶葉をナッツ・干蝦・生野菜などと和え、サラダのように調理する。
  • 茶団子 :団子に抹茶を加えて風味を添えたもの。大正初期に京都府宇治市の「大茶万≪おちゃまん≫本店」で作られた物が発祥。
  • はったい粉、ツァンパ :大麦の粉を使う練り菓子の一つで、茶を用いる場合もある。
  • ほか、抹茶ソフトクリーム、抹茶ババロア、抹茶ケーキなど、緑茶の風味を添えた菓子類が日本には多い。

また、北タイのラーンナー地方では茶葉をチューインガムのようにして噛むという。

これら以外にも、茶葉を使った料理は日本や中国を中心に様々なものがある。

茶葉を使用しない嗜好性飲料も総じて「茶」と呼ばれることがある。こういった茶ではない「茶」の多くはチャノキ以外の植物に由来するものであり、葉や茎、果実、花びらなどを乾燥させたものを煎じて使用する。 また、それら「茶ではない茶」を中国語では「茶外茶」と呼び、本来の茶を「茶葉茶」と呼んで区別することも行われている。

ほかにも、真菌類・動物に由来するものがわずかながら存在し、さらに中国の華中地区では、白湯≪さゆ≫さえも「茶」と呼ぶことがある。

植物由来

  • 麦茶
  • ハトムギ茶
  • 熊笹茶
  • 竹茶
  • そば茶
  • ハブ茶
  • 甜茶
  • 甘茶
  • 甘茶蔓茶
  • 杜仲茶
  • 苦丁茶
  • ドクダミ茶
  • 紫蘇茶
  • マタタビ茶
  • 柚子茶
  • 陳皮茶≪蜜柑の皮茶≫
  • 韓国伝統茶
  • ハーブティー
  • マテ茶
  • コカ茶
  • ルイボス茶
  • ハニーブッシュティー
  • 桜漬葉茶
  • 昆布茶
  • 梅昆布茶
  • パパイヤ葉茶
  • ほか、多数

真菌類由来

  • 椎茸茶

動物由来

  • 虫糞茶≪虫屎茶≫ :茶の材料とする茶葉≪チャノキの葉に限らず≫を蛾の幼虫に食べさせる。その結果として得られる物は糞であるが、分解が進み、動物性の旨みも加わった自然加工物である。
  • 象糞茶 :アフリカ東部に暮らすマサイ族などが乾期のゾウの糞を元に作る飲み物。別名・サバンナティー。

無機物

  • 湯≪中国のスープ≫
体にいいお茶探し

発酵の方法・程度による分類

茶の木の葉には酸化酵素が含まれている。葉を摘んで揉むと、葉の組織が壊れて細胞の内容物が混ざり合い、酸化酵素による酸化発酵が進んでいく。この発酵をどのようにコントロールするかにより、いくつかの種類に分けることができる。

  • 緑茶≪不発酵茶≫:酸化発酵を行わないもの。
  • 白茶≪弱発酵茶≫:ほんの少し酸化発酵させるもの。
  • 青茶≪半発酵茶≫:ある程度酸化発酵を行わせるもの。烏龍茶は青茶に分類される。
  • 紅茶≪完全発酵茶・全発酵茶≫:酸化発酵を完全に行わせるもの。
  • 黄茶≪弱後発酵茶≫:白茶と同じ工程を行った後、軽く酸化発酵させるもの。
  • 黒茶≪後発酵茶≫:緑茶にコウジカビによる、通常の意味での発酵を行わせたもの。プーアル茶は黒茶に分類される。