お茶とは

≪ちゃ、英語:tea –n.1,2,4≫とは、チャノキの葉や茎を加工して作られる飲み物である。 また、これに加えて、チャノキ以外の植物の部位≪葉、茎、果実、花びら、根等≫や真菌類・動物に由来する加工物から作られる飲み物にも「茶」もしくは「○○茶」と称するものが数多くあり、広義ではそれらは全て「茶」に分類される。

お茶イベント

名称

漢字

漢字の「茶」は中唐以後に成立した字で、それまでは「≪ト≫」で代用されていた。「荼」は草本植物を表す草冠と、「苦い」ことを意味する「余」からなり、本来は苦い味のする植物であるニガナを指す字である。原産地の雲南方面から四川・江南へと長江流域に茶が広まるにつれ、デャあるいはテャのような発音≪反切で澄麻の切≫に荼字を当てて使うようになったと推定されている。唐の陸羽が『茶経』を著して、「荼」を1画減らして区別することが広まったと言われる。『茶経』には「」「≪カ≫」「≪セツ≫」「≪メイ≫」「≪セン≫」の5種の名が揚げられているが、他に当て字もあって、それらも合わせると10種以上の字が使われていた。「茗」に関しては、現代中国語でも茶を総称する「茗茶」という言い方が残っている。

最下段のウィクショナリー≪* ≫には、漢字の画像などあり。

各国語における茶を意味する語

世界で茶を意味する語の起源は、「チャ」系統のものと「テー」系統のものがある。「チャ」は主に陸路で伝わったが、大航海時代以降の伝播では中国語のうち、広東語での呼び名であるチャ≪ch’a または ts’a 。チャーまたはツァー≫に由来するものと、福建省厦門≪アモイ≫、漳州、泉州の方言≪閩南語≫での呼び名のテー≪te または tei 。発音はどちらもテー≫に由来すると考えられる。ポルトガルが広東省のマカオから茶を運んだため、ポルトガル語でも chá である≪現在では「シャ」と発音されるが、かつての発音は「チャ」であった≫。また、オランダがアモイから茶を運んだため、オランダから茶を輸入した国では「テ」の発音が定着し、テは海路で伝わったと言われる。茶を意味する単語をもつ言語でこの両者の系統に属さないものは珍しい。

日本語の茶の字音は呉音「ダ」、漢音「タ」、唐音「サ」である。「チャ」という音は院政時代の『色葉字類抄』から見られ、漢音と唐音の間の時期に流入したと考えられる。また、朝鮮語漢字音も「タ」と「チャ」があるが、植物・飲料の茶だけを指す場合、「チャ」を用いる。

チャノキ

チャノキ≪茶の木、学名:Camellia sinensis≫は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹である。チャの木、あるいは茶樹とも記される。単にチャ≪茶≫と呼ぶこともある。原産地は中国南部とされているが確かなことはわかっていない。

特徴

中国や日本で栽培されている1m前後の常緑性低木≪学名: Camellia sinensis≫。インド・スリランカなどで栽培されている8 – 15mにも達する高木≪アッサムチャ。学名: C. sinensis var. assamica≫という変種がある。日本産のものと中国産のものは植物学上同一種として扱われているが、花卉の形状などに明らかな違いが認められる。ここでは基本変種を中心に記述する。

栽培では普通は1m以下に刈り込まれるが、野生状態では2mに達する例もある。幹はその株からもよく分枝して、枝が混み合うが、古くなるとさらにその基部からも芽を出す。樹皮は滑らかで幹の内部は堅い。若い枝では樹皮は褐色だが、古くなると灰色になる。

葉は枝に互生する。葉には短い葉柄があり、葉身は長さ5-7cm、長楕円状被針形、先端は鈍いかわずかに尖り、縁には細かくて背の低い鋸歯が並ぶ。葉質は薄い革質、ややばりばりと硬くなる。表面は濃緑色でややつやがある。その表面は独特で、葉脈に沿ってくぼむ一方、その間の面は上面に丸く盛り上がり、全体にはっきり波打つ。

花は10-11月頃に咲く。花は枝の途中の葉柄基部から1つずつつき、短い柄でぶら下がるように下を向く。花冠は白く、径2-2.5cm、ツバキの花に構造は似るが、花弁が抱え込むように丸っこく開く。

果実は花と同じくらいの大きさにふくらむ。普通は2-3室を含み、それぞれに1個ずつの種子を含む。果実の形はこれらの種子の数だけ外側にふくらみを持っている。日本の地図記号で茶畑を表す記号はこの果実を図案化したものである

体にいいお茶探し
  • 英文ライティングや、既存マニュアルの評価・改善も行います。マニュアル評価も行います。製品マニュアル診断もやります。
  • まつげエクステサロン ルシーダがあなたの目元のことをお手伝いします。まつげエクステ 銀座にあるまつ毛サロンで決まり♪

栽培種の逸出

日本では、栽培される以外に、山林で見かけることも多い。古くから栽培されているため、逸出している例が多く、山里の人家周辺では、自然林にも多少は入り込んでいる例がある。また、人家が見られないのにチャノキがあった場合、かつてそこに集落があった可能性がある。

日本自生の在来種説

九州や四国に、在来種≪一説には、史前帰化植物≫の山茶≪ヤマチャ≫が自生しているという報告があり、また、日本自生の在来種は、一般的に日本種という言い方をする説がある。

一方、「日本の自生茶とも言われて来たヤマチャについて、その実態を照葉樹林地域、焼畑地域、林業地域、稲作地域と概見した結果、歴史的にも植物学的にも、日本に自生茶樹は認められないという結論に至った」という日本自生の在来種説に否定的な研究があり、また、「伊豆半島、九州の一部などから野生化の報告もあるが、真の野生ではない」とされ、YList では帰化植物とされている。

特性

チャノキは亜熱帯原産の植物であるため、寒さにはそれほど強い方ではない。暑さに対しても、乾燥した気候には弱く、干ばつ≪干害≫で枯れ込むこともある。チャは他の多くの植物と違って、酸性土壌を好む植物であり、土壌の酸性化が進んでいる場合でも、その耐性が比較的強い。また、本来は陽樹に区分されるが、日射量が少ない環境にさらされても生き延びることができるという、耐陰性に優れた特性を持っている。